大人の出会い系サイト

ヤリマン女が変態オナニーで性欲処理

最終更新日 2021年3月10日

監修・著者 大人の出会い推進係 垣田 守

ヤリマン女が変態オナニーで性欲処理

 

東京都世田谷区 21歳 大学生 S.S

 

性欲だけが溜まる日々

大学生活で彼女に恵まれず、性欲だけが溜まる日々。年齢が若いだけに性欲は湧き出るほど有り余っている。

 

思い切って、出会い系を使ってセフレを探してみることにした。何人かの女の子とメッセージを交換し、一番気が合いそうで年齢が近かったミサキ(22歳)と会ってみることにした。

 

ミサキは都内の大学に通っていて、就活も終わり暇を持て余しているらしい。待ち合わせは、お互いの家からの距離を考慮して新宿に。

 

歌舞伎町近辺で飲んで、あわよくばそのままホテルにインしようという算段だ。待ち合わせ場所に到着した僕は、内心かなりドキドキしていた。

 

 

 

使ったサイト【直メでメルシー】

 

直メでメルシー

【完全無料】フリーメール可

↓↓↓↓↓

公式サイト

※迷惑メールフォルダに入ることがあります

 

運営会社:株式会社アプリ
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目15-1 ノア道玄坂 825号室
TEL 03-3462-5572
改正出会い系サイト規正法届出済 東京都公安委員会 平成24年12月12日 受理番号30120262000

 

ご利用にあたっては、【警察庁】出会い系サイト規制法施行規則を守ってくださいますようお願いします。

 

ヤリマン女性もオナニーで性欲処理をムラムラするのを抑えきれず

 

淫乱女性もオナニーで性欲処理をムラムラするのを抑えきれず

 

 

僕はすぐに、今日来てきたカーキのTシャツとスキニーデニム、リュックの特徴を送信した。そう時間はかからず、女性から声を掛けられた。

 

「あの…、Sさんですか?」可愛らしい声の先を見ると、女性らしいシャツワンピースを着たスタイルのいい女性が。僕が返事をすると、「ミサキです。お待たせしてごめんなさい。」と礼儀正しく軽くお辞儀をしてくれた。

 

その清楚なふるまいに合わせて、僕も不器用にペコペコしてしまった。ミサキは小柄でスラッとしているが、見た感じバストはなかなかの膨らみ。

 

背中まで伸びている髪を緩やかに巻いていて、触りたくなるような質感だ。(やばい、超ドストライク……。)写真よりも何倍も可愛い人が目の前に現れて、待ち合わせのときよりも緊張が走った。

 

しかし、ここは男の自分がリードしなければいけない。「とりあえず、どっか居酒屋に入りますか。」と、近くの適当な店に入って飲むことにした。

 

【この記事も読んでみよう】
複数のセフレができてぽっちゃり・熟女とセックス

 

子宮の変化に体調が左右されるらしい

 

子宮の変化に体調が左右されるらしい

 

最初はお互いにぎこちなかったが、お酒が入るにつれて段々と緊張が解けてきた。お互い大学生ってこともあり、学業の話や就活の話を主にした。

 

自分が就活を控えているので、リアルな話を聞けたのはためになったと思う。1時間くらい経ち、かなり打ち解けて話が盛り上がったところでミサキが僕に問いかけてきた。

 

「どうして出会い系やってるの?」いつもならオブラートに包んだ答えを思いつきそうだが、そのときは酒のせいもありストレートな回答しかできなかった。

 

「セフレがほしくて。若いから性欲が溜まるんだよね(笑)」冗談半分で答えると、ミサキも「じゃあ、私と一緒だね(笑)」と話に乗ってくれた。そこからは下ネタを交えた話題に。

 

どれくらいセックスがご無沙汰なのか、ちょっとした性癖の話をしているうちに僕は思った。(これは、今日イケるかもしれないぞ……?)

 

覚悟を決めて僕はミサキに聞いてみた。「この後、二人きりになりたいって言ったらだめ?」僕の問いかけに、ミサキは少し照れくさそうに「だめじゃないよ。」と答えてくれた。

 

居酒屋を出てホテルに入るまで、そう時間はかからなかった。部屋に向かうエレベーターの中でミサキが呟いた。「今日、生理前ですごくムラムラしてるんだ……。」この一言で僕は我慢できず、彼女に貪るようなキスをした。

 

【読んでおきたい記事】プロフ写真がよければ女は簡単に釣れる

 

生き物として生理前後はムラムラするらしい

 

生き物として生理前後はムラムラするらしい

 

ただの男と女

部屋に入るとお互いタガが外れたように、ただの男と女になった。お互いの服を脱がしながらベットになだれこみ、喰むようなキスを繰り返す。

 

下着だけの姿になったミサキは、とてもきれいだった。ブラジャーからはみ出そうなほどの豊満なバスト。

 

背中からお尻にかけてのラインが色っぽく、自分の股間の熱が更に上がるのを感じた。たまらなくなり、ブラジャーを外しながらミサキの胸に顔を埋める。

 

例えようのない柔らかさと弾力にうっとりしながら、乳首を優しく愛撫する。最初は控えめだったミサキの声が艶めかしい喘ぎ声に変わるまでに、そう時間はかからなかった。

 

ミサキの乳房を堪能していると、彼女は我慢出来ないような声で「はやく…、下も触って…?」とおねだりをしてきた。さっきまでの「清楚なミサキ」からは想像できないようなエロい表情。

 

(女性が生理前にムラムラするって、こういうことなんだ…。)「女性は性欲があまりない」と勝手に思い込んでた自分にとって、新鮮な体験だった。

 

【読んでおきたい記事】大人のおもちゃ好きな女にポルチオ・Gスポット・クリ同時攻めセックス

 

シたくてしょうがない女に中出しは危険

 

シたくてしょうがない女に中出しは危険

 

ミサキのパンツの中は、すでに愛液で満たされていた。まだ乳房しか触っていないのに、こんなに濡れるなんてとんだ変態だなと思った。たまらずミサキのマンコに触れると、身体がビクンッと跳ね上がる。

 

「どうされるのが好き?」僕の問いかけにミサキは恥ずかしそうに、「舐められながら手マンされるのが好き…。」と教えてくれた。そう言うんだったら、期待に答えてあげようではないか!

 

最初は優しく突くように、次第に吸い上げながら激しく舐める。愛液の源を指で触れるが、まだ挿れない。

 

もどかしく感じているミサキを存分に楽しんだら、徐々に奥まで指を挿れた。自分の指にミサキの肉壁が食い込み、必死に離さないように締め付けてくる。

 

圧迫感に我慢できず、「もう…挿れていい?」と彼女に問いかけた。僕のムスコは我慢の限界だ。ミサキにもそれが伝わったようで、コクンと頷いてくれた。

 

ゴムはちゃんと着けてね、赤ちゃんできちゃうから。」と促され、しっかりゴムを装着。

 

「生ではさせてくれないの?」と聞くと、「女がムラムラしてるときに生でヤッたら危ないんだよ?」と優しく教えてくれた。

 

「そうなんだね。」と返事をしながら、自分のイチモツをミサキの股間に押し付ける。程よく柔らかい締め付けが、更にムスコの勃起を促した。

 

「いや…中で大きくしないでよぉ…。」、ミサキにもそれが分かってしまったようだ。「ごめん、気持ちよすぎて我慢できないみたい。」、そう言いながら本能のままに腰を振った。

 

「まっ、待って…!いきなりそんな突いたらぁ、すぐイッちゃうぅッ…。」涙目で訴えるミサキは厭らしくも美しくてたまらなかった。

 

「ッいいよ。俺も、すぐイキそうだから。」肉と肉がぶつかり合う音が部屋に響き渡る。スピードを上げると、ミサキが我慢の限界になったようだ。

 

「もう、無理ぃ。イッちゃう、イッちゃう…。アッッイグゥゥゥ!!」腰をガタガタと痙攣させて果ててしまった。しかし、まだ僕はピストンを止めない。

 

「だめぇぇ!おまんこ、壊れちゃうからぁ!!」、ミサキの喘ぎ声が更に僕を昂ぶらせる。「あっ…、俺もイク…!」、ミサキの中に溜めに溜めた精液を吐き出した。ゴム越しとはいえ、久しぶりのセックスは快感でしかなかった。

 

【読んでおきたい記事】出会い系で予備校女子学生に会って欲求不満な女の子狩り

 

淫乱女性もセックスに慣れすぎるといつでもシたくなる?

 

淫乱女性もセックスに慣れすぎるといつでもシたくなる?

 

ミサキとの関係

ミサキとの関係は一回で終わらなかった。その後も、暇さえあればお互いの家に通ってセックスを楽しんだ。

 

僕が初めに望んだように、セフレの関係になったのだ。最初は恥じらいを持っていたミサキも、僕の前では性にオープンになった。

 

自分がムラムラしているとき、セックスがしたいときは素直に誘ってくれる。最近では、ミサキからのお誘いが多くなったように感じる。

 

【読んでおきたい記事】セックスを仕事にしてる女に会ったらどうすればいい?

 

淫乱女性はセックスに慣れても好きな人とじゃないとそうでもないらしい

 

淫乱女性はセックスに慣れても好きな人とじゃないとそうでもないらしい

 

この日は、僕の自宅にミサキを呼んだ。お互い一人暮らしで行き来できる距離なのが、本当に幸いだと思う。

 

どちらかの家で会うときは、ミサキが必ず料理を振る舞ってくれる。彼女の料理の腕はなかなかで、いつも美味しいご飯を作ってくれるのはありがたい。

 

今回はカレーを作ってくれた。「凝ってなくなごめんね?。」と言われたが、女性に作ってもらえるんだったら何でも嬉しいと世の男性全員が思うだろう。

 

セックスを目的にミサキと僕は会っている。しかも、かなりの頻度で。こんなに可愛い人ならいくらでも男が見つかるだろうと思うのだが、どうして自分なんだと疑問に感じ、ミサキに聞いてみた。

 

「なんで俺とセフレになったの?そんなにセックスしたいなら他にもいるでしょ?」

 

僕の問いかけにキョトンとしながら笑顔でミサキは言った。「だって、どんなにかっこよくてセックスが上手でも、嫌いな人とはデキないでしょう?」。

 

あー…、なるほど。人としてなのか男としてかは分からないが、ミサキは僕のことを好いてくれているようだ。自分に都合のいい解釈かもしれないが、それを聞いて尚ミサキのことを愛おしく感じた。

 

【読んでおきたい記事】出会いが少ない女教師の事情|出会いは少なく性欲だけ効率的に発散したい

 

痴女になるほどイカされたら毎日発情することもあるらしい

 

痴女になるほどイカされたら毎日発情することもあるらしい

 

ミサキが作ったカレーで食欲が満たされたところで、今度は性欲を満たさなければ。いつも通り、お互いの服を脱がし合いながら唇を重ねる。

 

ただ、この日はミサキが主導権を握ってきた。受け身がほとんどの彼女が、僕に跨る姿はかなり新鮮だ。「そんなにセックスしたかったの?」

 

ミサキは真っ直ぐに僕の目を見ながら「Sのせいだよ。」と言った。「Sが毎回気持ちよくしてくれるから、すぐセックスしたくなるの。」

 

(いつの間に僕はミサキをこんなエロい子にしたんだろう?)最初は、なんとか満足してもらおうと一心不乱にセックスしていたが、そのおかげで功を奏したようだ。

 

【読んでおきたい記事】経験者だから分かる出会い系の待ち合わせをしてる人を見分ける方法

 

自分にセックス狂いにするには本気でイカせるのが一番

 

自分にセックス狂いにするには本気でイカせるのが一番

 

僕に跨ったミサキは、不慣れながらも愛撫をしてくれた。耳たぶにキスを落としながら、首筋、乳首に唇を添わせる。

 

触れるか触れないかの感覚に時折ビクッとなり、股間に熱を帯びてくるのを感じた。それを察知したミサキが、ムスコに手を伸ばす。

 

乳首を舐めながら手コキされるのは、なんだか女の子になった気分だ。そろそろ股間が我慢の限界になり、フェラを懇願してしまった…。

 

ミサキのフェラは特別上手いわけではないが、ねっとりした唾液と生暖かい舌がマッチして、絶妙な快感が身体を走る。しばらくフェラを堪能していると、「もう我慢できないッ…!」とミサキが騎乗位で挿入してきた。

 

前戯も何もしていないが、ミサキの股間は大洪水。さっきまでフェラされていたため、ムスコの感度は最高潮だった。ミサキは一心不乱に腰を振る。僕の上でリズミカルに上下運動をする姿は、まるでセックスに狂った女豹だ。

 

しかし、自分で動くだけでは思うように感じないみたいだったので加勢に入る。ミサキのヒップを鷲掴みにしながら、下から突き上げる。

 

「アッアァァン!だめぇ、私が気持ちよくしたいのにぃぃ。」切ないミサキの声が部屋にこだまする。

 

しばらくすると、「もうぅ、イッちゃう!我慢できないぃぃ。」と言いながら身体を痙攣させて果ててしまった。

 

ほぼ同時に、僕のムスコも限界を迎え射精。ミサキの豊満なバストを下から眺めながらのフィニッシュは、格別に良かった。

 

ぐったりと倒れ込むミサキを抱きながらピロートークをしていると、ミサキが呟いた。「もう、S以外の人とセックスできる自信ない…。」この一言で、二回戦目のゴングが鳴った。

 

【この記事も読んでみよう】
セックスすることでストレス発散するセフレのヤリマン女

 

使ったサイト【直メでメルシー】

 

直メでメルシー

【完全無料】フリーメール可

↓↓↓↓↓

公式サイト

※迷惑メールフォルダに入ることがあります

 

運営会社:株式会社アプリ
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目15-1 ノア道玄坂 825号室
TEL 03-3462-5572
改正出会い系サイト規正法届出済 東京都公安委員会 平成24年12月12日 受理番号30120262000

改正出会い系サイト規正法届出済 東京都公安委員会
参照:【警視庁】インターネット異性紹介事業

 

監修・著者 大人の出会い推進係 垣田 守